うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

グルメ テレビ 人生の楽園

【人生の楽園】ブリ食堂網干場(あばば)は三重県尾鷲市!メニューは?

2016/12/01

人生の楽園(4月9日)で、ブリ三大漁場でもある三重県尾鷲市九鬼町(くきちょう)の、町唯一の食堂が紹介されました。お店の名前は網干場(あばば)。どんな食堂なのでしょうか。住所や連絡先、メニュー等まとめてみました。

Sponsored Link



登場人物の紹介


川上修史(かわかみしゅうし)さん(65歳)と妻の里美(さとみ)さん(62歳)が主人公です。

大阪の繊維会社でサラリーマンをしていた川上修史さんは、定年後に故郷の三重県尾鷲市九鬼町に戻りたいと考え、定年前から実家の改装などを行い準備を進めていました。

実家は築百年の古民家。

そのまま住むには不便がありますので、改築に力をいれたそうです。

そして、定年後無事に妻の里美さんとともに九鬼町に移り住んだのですが、過疎化していく故郷の現実を目の当たりにします。

頃合い同じくして、九鬼町の町おこし協力隊の青年が東京から移住してくることとなり、修史さんも協力することに。

そして出来上がったのがまちおこし食堂、網干場(あばば)です。





店の紹介、特徴


食堂は海の真ん前。

とれたてのブリをはじめとした鮮魚を、地元の女性陣が料理します。

お刺身からフライまで、メニューのバリエーションも豊か。

営業は週末だけです。


目の前に広がる海をみながら、のんびりとランチをいただけます。

また、コンサートやイベントなども積極的に行っていて、まちおこしに重要な役割を担っています。

平日はコーヒー店として営業しています。









おすすめメニュー



定食メニュー(土・日限定)

大敷網のおまかせお造り定食 1000円
おさかなのミックスフライ定食  1000円


ちなみに本日4月9日のメニュー(フェイスブックより)

大敷網のおまかせお造り定食 1000円

九鬼ブリ、たい、するめいか


海の気まぐれフライ定食 1000円

アジフライ、カス海老天
カタクチイワシ天ぷら
カレイの唐揚げ


漁場の握り寿司定食 1000円

九鬼ブリ、たい、アオリイカ、しめ鯖



お店の場所はどこ?


網干場(あばば)
住所 尾鷲市九鬼町204
電話 080-2632-8163
Facebook https://www.facebook.com/kukicho/
水 〜 金 10:00 ー 15:00 珈琲専門店として営業
土 ・ 日 11:00 ー 14:00 食堂として営業

フェイスブックページで、その日のメニュー等紹介されていますのでチェックしてからお出かけすると良いでしょう^^


まとめ


ロケーション最高の食堂、網干場(あばば)、美味しいお魚でお寿司までいただけるなんて、ぜひ行ってみたいですね!

季節によってお魚も変わると思うので、何度も足を運びたくなるかもしれません。

土日と言わず平日も営業してくださいな。

そしたら伺いやすいなと思ううなぎ山でした!

-グルメ, テレビ, 人生の楽園