うなぎ山さんの今日のあれこれ

■話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

テレビ ライフスタイル 健康・ダイエット

緑茶コーヒーダイエットのやり方と痩せる理由。コーヒー苦手な人も。【ヒルナンデス】

緑茶コーヒーダイエットなるものが、10月11日の「ヒルナンデス!」で紹介されました!

発案者で医師の工藤孝文先生の出演で、紹介された緑茶コーヒーダイエットのやり方、方法やなぜ痩せるかなどをまとめてみました!

Sponsored Link

緑茶コーヒーダイエットって?

緑茶コーヒーダイエットとは、どんなダイエットなのでしょうか。

それは、緑茶とコーヒーを混ぜて同時に飲むだけ、という超簡単ダイエットなのだそうです!

そしてこの緑茶とコーヒーダイエットを提唱している、減量外来のドクター、工藤孝文先生はなんと、
10ヶ月で92キロあった体重が67キロになったのだそうです。

10ヶ月で25キロもやせたんですね!

すごすぎます!

▼本も出てますね。

でも、単純計算して、10ヶ月で25キロってことは、一ヶ月に2.5キロ・・・そんな無理な話でもなさそうだし、無理なダイエットってことでもなさそうです。

でもでも25キロ痩せは本当にすごい!!

しかも、飲むだけで痩せるんですよ?!

さらに、工藤先生の担当している患者さん100人は、1ヶ月平均6.7キロも痩せたのだとか!!

コーヒーと緑茶を飲むだけで?

にわかには信じられないほどの効果です。

ではなぜ、緑茶コーヒーダイエットでこんなに痩せることができるのでしょうか。

緑茶コーヒーダイエットで痩せる理由

近年、コーヒーや緑茶の研究が進み、どちらの飲み物にもダイエットの効果があることがわかってきたそうで、特に2015年ごろからそれらは盛んに発表されていたそう。

その研究発表の情報を総合して、「緑茶コーヒーダイエット」を実践してみたところ、劇痩せしたということのようです。

では、その緑茶とコーヒーの痩せる力を見ていきましょう。

・緑茶に含まれる「カテキン」には痩せる効果がある。

・コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」には血糖値を下げ、脂肪燃焼する効果がある。

・緑茶の「カテキン」と「クロロゲン酸」を同時に摂取することで相乗効果が期待できる。

・緑茶とコーヒーを同時に摂取することでカフェインのとりすぎを防ぐことができる。

・緑茶には「テアニン」というリラックス成分がふくまれており、過食を防ぐことができる。

・緑茶の「テアニン」は睡眠の質を向上させてくれることでも知られている。
睡眠の質が上がるということは、ダイエットの重要なポイント。代謝が良くなり過食を防ぐということにつながる。

緑茶コーヒーダイエットのやり方と味

■用意するもの

コーヒー 100ml
緑茶   100ml

■飲み方
緑茶とコーヒーを半分ずつ入れてまぜ、一日三回飲む。

※緑茶、コーヒーはインスタントでもOK
※冷たくても暖かくても良いが、温かいほうが代謝が良くなりダイエット効果が期待できる。

ものすご~~く簡単ですね!

ちなみに私もやってみましたが、ヒルナンデスでも横山くんが言っていたように、とっても飲みやすかったです!

コーヒーと緑茶、というより新しい飲み物的な。

飲みやすいコーヒー?パンチのある緑茶?そんな感じです。

洋菓子にも和菓子にもあうような万能なお味で、飲むのも全然苦になりません!



コーヒー嫌い、苦手な人にもおすすめ!

もともと私はコーヒーがあまり得意ではありません。

飲めるには飲めるんですが、極端に薄めたものが好きです^^;

例えばスタバなんかでは、アイスコーヒーに氷を二倍入れてもらったり、ホットコーヒーは一緒にお湯をもらって薄めたりします。

普通の濃さのコーヒーを飲むと、頭痛がするのです・・・

そんなわたしでも、緑茶コーヒーはスルスル飲めた!

ちょうどコーヒーを半分に薄めた状態だからでしょう。

この緑茶コーヒーを知ってからはコーヒーやめてだいたい緑茶コーヒーです。

なんなら外出先でもステンレスボトルに家から入れてきた緑茶でコーヒー薄めたりするほど気に入ってます!

-テレビ, ライフスタイル, 健康・ダイエット