うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

グルメ テレビ

あなご飯(広島宮島)の老舗「うえの」値段やお取寄せ!【ケンミンショー】

有名店「うえの」「ふじたや」をはじめとするあなごめしが、7月14日の秘密のケンミンSHOWで紹介されました!「うえの」のあなご飯の通販方法やお店の情報などをまとめてみました!

Sponsored Link



「あなご飯」ってどんなもの?


あなご飯は、タレを付けて香ばしく焼いたあなごを、ご飯の上に並べた丼ものや折り詰めのこと。

広島のなかでも、特に宮島と宮島口と言われるその周辺で食べられている郷土料理です。

このあたりは昔は穴子の漁場としても有名だったことから、お米の行商をしていた「うえの」の十代目他人吉が、穴子のあらでとったタレで炊いたご飯の上に炭火焼きのあなごを敷き詰めたものを宮島口駅で駅弁として「穴子飯」を販売していたのが始まりだそうです。

あなご飯というとうな丼と同じようなイメージもありますが、食べてみると味は全然違います。

うなぎよりもさっぱりしていてうなぎよりも香ばしく、意外にもふっくら柔らかい身が特徴です。

うなぎが食べられないという人や子供も食べやすい味だと思います。


地元の美味しいお店ランキング


広島の宮島周辺には60店舗ほどのあなごめしの店がひしめいていますが、オススメは下記の店舗です。


あなごめし うえの


広島のあなご飯の発祥の店と言われている、元祖あなご飯の店。

広島電鉄とJRの「宮島口」の駅前にあります。

宮島口の駅から、宮島に渡る桟橋までの間、右手に見えるので見つけやすいです。

あなご飯のほか、白焼きも美味。

昼時はとても混雑しています。

お時間の無い方は、あらかじめ電話で折り詰めのお弁当を予約して、好きな時間に受け取ることもできます。


お店で丼に盛られたあなご飯も、焼きたての穴子が香ばしいですが、経木のお弁当箱に詰められたあなご飯もご飯と穴子がしっとりと一体化してまたおいしいです。

ちなみ、広島の中心街にある広島三越の地下でもお弁当を買うことができますよ。

場所:広島県廿日市市宮島口1−5−11

電話番号:0829-56-0006

料金:お弁当 1728円

あなご飯並 1470円


あなご料理 ふじたや


宮島口から船で渡った宮島にある穴子飯の専門店です。

ミシュラン広島一つ星に選ばれたお店。

こちらは、いまでは漁獲量が少なくなった瀬戸内産の穴子のみを使用しています。

お値段が高いのもうなずけますね。

場所:広島県廿日市市宮島町125-2

営業時間:11:00~17:00※売切れ次第閉店

定休日: 不定休

電話番号: 0829-44-0151

料金: 2,300円

お取り寄せや通販は?


通販となると、「穴子飯」としての品質が保てないということで、あなご飯そのもののお取寄せは難しいようです。

しかし、あなご飯の上にのっている穴子の蒲焼きなどの通販は可能のようです。

家で炊きたてのご飯に、あたためたこの穴子の蒲焼きを乗せれば、もう、ほとんど「あなご飯」を食べていると言って良いのでは?

「うえの」のあなごの通販


記事の前半でも紹介した、あなご飯の老舗「うえの」の通販サイトです。

あなごの蒲焼きや切り落としはごはんに載せてよし、穴子の白焼きは、わさびをつけて日本酒とともに頂くのがオススメです!

▼「うえの」お取寄せサイト


瀬戸内産あなごのお取り寄せ


瀬戸内産の焼き穴子を贅沢にお取寄せして、ご飯の上にのっけても!

▼瀬戸内産焼きあなご



▼広島尾道産の朝取れ天然あなごの白焼きも!




まとめ


うなぎとは似て非なるあなごめし。

筆者も広島の「うえの」で食べたことがありますが、ちょっと想像したのと違う味でした。

食べる前は、ぱさついたうなぎの様なイメージでしたが、食べたらなんというか、ふっくら香ばしく、味わい深く、癖になりそうな味。

是非一度食べて見ていただきたいです。

-グルメ, テレビ