うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

エンタメ 健康・ダイエット

イソフラボンにタミフルと同じ効果が!バイキングで特集のインフルエンザ最新予防は、豆乳&ダチョウマスク!効果的な正しい手洗いも!

2017/03/16

2月18日木曜日のバイキングでは、インフルエンザの最新の予防方法が特集されました!今巷ではインフルエンザが猛威を振るっていますね。全国的にもこの2月は最も流行している状況です。インフルエンザの流行は2月中は続くようですね。

ワクチンの摂取で80%までは重症化を防ぐことができるそうですが、摂取していない方は今からでもできる予防法を実践してインフルエンザにかからない様にしましょう。

Sponsored Link


 

今年のインフルエンザの特徴は?


数万人の診療をする呼吸器科の専門医池袋の大谷クリニック、大谷義夫さんによると、

例年は12月から3月にかけてA型→B型と流行するのが主流ですが、今年の傾向としては暖冬の影響で両方同時に流行しているそうです。

一番怖いのはA型とB型を併発した場合!両方の症状が出るため、重症化しやすくなります。心配されるのは、インフルエンザ完治後も完治後に肺炎や咳喘息の二次被害が起こる可能性があることです。なんとしてでも、感染を防ぎたい所ですね・・・

 

ちなみに・・・A型とB型のそれぞれの症状の特徴は以下です。

A型 強い倦怠感、筋肉痛

B型 消化器官の不調 長引く高熱

 

女性ホルモンにタミフルと同じ効果があることが最新の研究で判明!

 

昨年12月の最新の研究発表で、女性ホルモンのエストロゲンはインフルエンザウィルスの増殖を防ぐということがわかったそうです。

これはタミフルと同じ効果があり、インフルエンザの症状を軽症化する可能性が大きいそうです。ということは女性のほうがインフルエンザにかかりにくいのかというと、生理周期などでエストロゲンの分泌量がかわるのでタイミングによるとか。

常にインフルエンザウィルスと戦うためには女性ホルモンに似た食材を取ることが有効です。

その食材とは!



豆乳です。

ご存知大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンの様な働きをすることで知られていますので、豆乳で手軽に大豆エストロゲンを摂取しましょう。

もちろんその他の大豆成分でも大丈夫!

また、豆乳にはちみつを入れた飲み物は、インフルエンザの咳にも効果があるそうです。

 

うがいと手洗いどちらが重要?

手洗いのほうが重要です!


インフルエンザウィルスが口から体内に入った場合、20分で細胞に侵入して増殖してしまうため、うがいで予防するとなると20分ごとにうがいを実施する必要があります。そこに注力するより、しっかり手洗いをして接触感染を防ぐほうが効果が高いとの考えです。

 

あなたの手洗い方法は正しい?正しい手洗い方法は?

手洗い後は、共有のタオルではなく、ペーパータオルで手を拭きましょう。

その理由は、手洗いだけでは完璧に落ちなかったウィルスがタオルについた場合、複数人が使うタオルでは、そのタオル自体を介しての接触感染するためです。

ペーパータオルならその都度使い捨てなのでその心配はないですね。

また、手洗いのあとにアルコール消毒液を使いましょう。手洗いで落としきれなかったウィルスを除去することができます!

 

手を洗えない場合はアルコール消毒

外出先などで手を洗えない場合は、アルコール消毒をすると効果的です!

 



 

ダチョウの卵のマスクでインフルエンザ予防!

 

最新の研究でインフルエンザに有効なマスクが開発されています。それは・・

 

ダチョウの卵の成分を表面に塗布してあるマスク。



ダチョウの卵の成分に抗体があり、ウィルスを不活性化するそう。

外出先などで、マスクの位置がずれて、ついついマスクをいじった場合、そこについたウィルスから感染する場合があります。このダチョウのマスクを使えば、その心配はなくなりますね!

 

うなぎ山はまだ今年はインフルエンザにかかっていません!人混みに行く機会も多いので、早速アルコール消毒液を購入したいと思います!

 


 

 

 

 

バイキング「ファミレスメニューで4キロ痩せる」記事はこちら

-エンタメ, 健康・ダイエット