うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

エンタメ テレビ ファッション

福原愛ちゃん辻が花の総絞り?!で結婚会見。指輪は何カラット?

2016/09/22

9月21日に結婚会見を開いた卓球の福原愛選手と台湾の江宏傑(こうこうけつ・ジャンホンジエ)選手。愛ちゃんの結婚会見の着物はとても似合っていて素敵でしたね!一体どこのお着物でしょうか。また、指輪はどこのでしょうか?

Sponsored Link



愛ちゃんの大振袖は辻が花?!


結婚会見で愛ちゃんが着ていた着物は、白地にピンクと水色といった若々しい色味のとても豪華なお着物でしたね!

よく見ると、地模様に絞りのような凹凸がみえますよ・・・

もしやこの豪華な絞りのお着物は・・・と調べてみるとやっぱり、辻が花では?という意見が多いようです。





辻が花ってどんなお着物?


辻が花とは、室町時代には庶民の着物として有名な絞りの技法のお着物でしたが、江戸時代に豪華絢爛な技法で一気に昇華した染め物の技法です。

技術はその後衰退し、だれも継承する人がいなかったため、現代では長らく辻が花を作れる人はいませんでした。

近年、染織家の久保田一竹氏が辻が花の技法を再現したことにより、私達も手にすることが出来るようになったというものです。

その特徴は絞り染めを基調として、描き絵・摺箔・刺繍などを施したとても豪華なものです。

辻が花は長らく技術が途絶えていたことから、「幻の着物」とも言われています。


一竹辻が花の創始者、久保田一竹の美術館についてはこちらもどうぞ^^▼

久保田一竹美術館は河口湖。辻が花の着物は壮絶な美!【ニッポンの出番】


結局愛ちゃんの総絞りの振袖はどちらの?


このように、辻が花説が濃厚のなか、更に調査を進めていくと…

愛ちゃんの振袖の模様ととてもよく似た柄のお着物を扱っている呉服メーカーを発見。

そのお店の名前は「藤娘きぬたや」さん。

絞り製品を主に製造されている呉服店で、愛ちゃんが着ていた総絞りの振袖をはじめ、訪問着からネクタイまで、幅広い製品を扱われている会社です。

今回みつけた、愛ちゃんのお着物とよく似た振袖は、疋田絞り(ひったしぼり)と呼ばれる技法を使ったお着物。

大柄の花があしらわれたお着物の模様は、牡丹だそあです。

着物に牡丹の柄はよくありますが、花弁の中心が黒っぽく縁取られているのが、こちらの藤娘きぬたやさんの牡丹柄の特長のようです。

愛ちゃんのお着物も、可愛らしいようでいて艶やかなのは、この牡丹の意匠のせいかもしれません。

総絞りを職人さんの手で仕上げるため、完成まで2年ほどかかるのだそう。

気が遠くなりそうなお話ですね点…

愛ちゃんのお着物も、完成まで2年かかったというお話も。

これらの点からやはり、藤娘きぬたやさんの、疋田絞りの振袖である可能性が高いですね!

先にご紹介した辻が花は、スミソニアン博物館に収蔵されている国際的にも大変有名なお着物。

今回の藤娘きぬたやのお着物はニューヨークのメトロポリタンミュージアムに寄贈されたそう。

一竹辻が花とならんで、世界で評価されているお着物のようですね。


今回愛ちゃんが着ていた着物は、誰もが息を呑むほど美しい着物でした。

気になるお値段ですが、やはり着物はそのお値段と見た目がある程度比例すると言われていますので、かなり高価なお着物だと思われます。

このきぬたやさんのお着物は、600万円以上のお値段がついておりますよ。

愛ちゃんのお着物も、これに近いお値段と思われます…!素敵!


そのきぬたやさんの疋田絞りの牡丹のお着物はこちらのサイトでもお取り扱いがありますね!

「本疋田絞り」で検索すると見ることができますよ。▼






婚約指輪のカラットやブランドは?お値段も!


お着物と共にとっても気になるのが、愛ちゃんの薬指に輝く大きなダイヤの指輪!

パット見の素人推測ですが、2カラットくらいあるダイヤモンドに見えるな~~、なんて思っていた所、なんと実際は3.22カラットだそう!

想像のはるかに上をいっていました…


結婚会見では江選手が

「この指はは、私が愛ちゃんの事を思ってデザインしたものです。二人のライフスタイルや関係性を表したデザインで、世界で一つのオリジナルです。」

とコメントしていましたね!

オリジナルということは、ノーブランドということでしょうか。

また、愛ちゃんも

「卓球をイメージしたデザインということで、私も卓球が大好きなのでとても嬉しかったです」

とのこと。

大きなダイヤは、卓球のボールをあらわしているのでしょうか?

気になる指環のお値段ですが、ハリーウィンストンやティファニーなど有名ブランドのものなら、数千万円はくだらないでしょう。

しかし今回完全オリジナルということは、もう少しお手頃価格かな?

完全オリジナルといっても、ティファニーなどブランドのオーダーメイドもありますね!

筆者の知人は1カラットのハリーウィンストンをお持ちでしたが、お値段は「普通のサラリーマンの年収くらい」とのことでした。

それが三カラットオーバーとなると…

そうするとやはり1000万以下では買えなさそう。

だって3.22カラットですもの。

あくまでも、推測ですけどね!


まとめ


豪華なお着物とまばゆいばかりのダイヤモンドを身につけた愛ちゃんでしたが、それを凌ぐほど愛ちゃんと江選手の幸せそうなオーラがすごい!と感じた会見でした!

しあわせ一杯の会見、見ていてこちらもしあわせな気分になります!

末永くお幸せに!



-エンタメ, テレビ, ファッション