うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

ニュース

マルチシグコントラクトとは?コインチェックのネム不正送金【安全な取引の為に】

2018/01/30

マルチシグコントラクトってどういう意味でしょう?

仮想通貨取引所「コインチェック」のネム(XNEM)が580億円相当不正送金事件では、世間に激震が走りました!

年末から過去にない盛り上がりを見せていた仮想通貨の世界はどのようになっていくのでしょうか?

Sponsored Link





マルチシグコントラクトを使用していなかったから・・・


このNEM(ネム)の盗難を受けて、NEM財団の代表Lon氏が声明を発表しました。

「コインチェックは、NEMのマルチシグコントラクトを使用していなかったためNEMを盗まれた。これはNEMの脆弱性によるものではない」旨の発言です。

この声明にでてくる「マルチシグコントラクト」って何なのでしょう?

最近仮想通貨に興味を持ち始めたばかりの筆者自身もわからなかったので、調べてみました。

仮想通貨界隈って専門用語が多くて難しいよね、と敬遠しがちな方にもわかりやすく読んでもらえるつもりでまとめてみたつもりです・・・



で、マルチシグコントラクトって?


マルチシグコントラクトとは、どのような意味なのでしょう。

コントラクトは契約という意味ですね。

マルチシグMultisig(マルチシグ)とは、マルチ(複数の)シグネチャ(署名)です。

つまり直訳すれば複数の署名からなる契約ということになります。


ビットコインでいうと、通常のセキュリティは皆で使用している公開鍵ひとつと、自分自身が使用する秘密鍵ひとつずつを使用したやりとりとなっています。

しかし、マルチシグの場合は更に高度なセキュリティーとなっており、この秘密鍵が複数になるということです。

つまり仮想通貨を使用する際、一つの鍵では取り出せなくなるということです。

これにより、たとえばコインを保管する一つの端末が狙われたり、秘密鍵が一つ流出したりしたとしても、アクセスすることは難しいということになります。



マルチシグをものすごく簡単にいうと?


このマルチシグのセキュリティーを、現実世界に置き換えてみると・・・

あなたの家に入るためには玄関扉が3つ合って、その鍵をそれぞればらばらの家族がもっているイメージです。

扉がABCとあると、まずはお母さんが持っている鍵でAの扉をあけ、お父さんがもっている鍵でBの扉をあけ、おばあちゃんが持っている鍵でCの扉をあけ、やっと玄関にたどり着けるイメージです。(あくまでもイメージです、笑)

これだと、家に入るためには、鍵を持っている家族全員が集合せねばならず、お父さんが例えば強盗に脅されて鍵を開けたとしても、お母さんとおばあちゃんがいなければ家の中には入れないということです。

これでは、盗難しづらいですし、何よりそれを知っていたら強盗はあまりその物件を狙いたがらないでしょう(笑)


物理的な分散がセキュリティーを高めるというのが、現実世界もネット上でも同じというわけですね。


マルチシグに対応している仮想通貨の取引所、販売所は?


マルチシグを導入している取引所は、国内では「Zaif」(ザイフ)があります。

Zaifは、NEMを取り扱い量は国内でトップ。

それもそのはず、代表取締役がNEM財団のディレクターをつとめているからだそうです。

また、こちらは取引所といってユーザー同士のコインのやり取りが基本となりましたので、コインをプールする必要がありません。
したがって、万一セキュリティーをハッカーが突破しても、今回のような大量流出にはつながらないと思われることから、安心感がありますね。


Zaifの公式サイトはこちらです。



また、CMも沢山放送されているビットフライヤー(bitFlyer)がマルチシグコントラクトを採用しているそうです。

公式サイトに詳しく記載がありました。


2017年7月からは「QUOINE」(コイン)もコールドウォレット(ネットにつながっていない端末で仮想通貨を保管すること)に加えてマルチシグコントラクトを導入したとのこと。

今回、費用の面で莫大な金額がかかることから、コインチェックではネムのマルチシグを採用していなかったと言われています。

国内最大手といわれたコインチェックでもとられていなかったマルチシグを採用するとなると莫大な費用がかかりますが、さきがけてそれを採用するのは信頼できる取引所と言って良いと思います。


-ニュース