うなぎ山さんの今日のあれこれ

話し相手のいないうなぎ山さんが、一人で井戸端ネタをもろもろ。

エンタメ テレビ

三浦翔平の得意料理はペペロンチーノ!高校中退語る。【アナザースカイ】

7月23日放送のアナザースカイに、俳優の三浦翔平さんが出演。三浦翔平さんのアナザースカイ、ラスベガスはどんなところなのでしょうか。

Sponsored Link





三浦翔平さんのアナザースカイ、ラスベガス。


現在俳優として大活躍中の三浦翔平さん。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。




7月に始まった夏の月9ドラマ「好きなひとがいること」にも出演中で話題になっていますね!

端正な顔立ちと色気のある雰囲気が素敵な三浦さん。

そんな三浦翔平さんのアナザースカイはラスベガスです。

三浦翔平さん、今回はどんなラスベガスの旅をするのでしょうか。


重機のアトラクション DIG THIS


三浦翔平さん、ラスベガスでまず最初に行ったのは重機の運転でした!

ラスベガスの重機アトラクション「DIG THIS」は、オーナーが家を立てる時に重機を使ってみて、とても楽しかったために作ったというアトラクション。

いかにもアメリカっぽい、大掛かりなアトラクション。

とても興味深いです!

もうすぐ28歳になるとういう三浦翔平さんは「まさか人生で重機を運転することになるとは・・・」

といいつつ巨大なショベルカーの運転に挑戦。

ショベルカーの操縦は、その車体の大きさににあわず、繊細な技が求められる作業だそうで、意外と地味な絵。

しかし、とても真剣な表情で取り組む三浦さん。

段階を踏んで挑戦しつつ、最後は巨大なショベルカーでちいさなちいさなバスケットボールをタイヤに入れるという難しい技をやってのけました!


シルクドゥ・ソレイユ「KA」(カー)を鑑賞


日本でも有名なシルクドソレイユですが、その4000人とも言われる演者の、トップクラスのパフォーマーしか出演出来ないといわれているショー、「O」(オー)と「KA」(カー)。

前回「O」を見て、とても感動したという三浦さんは、今回「KA」を見ることに。

その圧巻の舞台をみた感想は・・・

「吸収できるものないね(笑)」

とすごすぎる舞台への感想を語ってスタジオの笑いを誘っていました!

その後、地元で有名なステーキのレストランへ食事に行くことになっていたのですが、その前にラスベガスで行列のラーメン店、

ラーメン「MONTA」でラーメンと餃子10個とご飯を食べたらしい三浦さん。

なんと、撮影時のステーキを小さくカットしてもらうように頼んで、ほそぼそと食べていました。

三浦翔平さん、トレーニングしているそうですが、華奢な体つきだからか、ラーメン餃子のあとにステーキはつらそうでした^^:

決まっている撮影の前にラーメンたべちゃうなんて、ちょっとやんちゃな顔が見えますね!


国立保護区 レッドロックキャニオンでキャンプ!


そして今回は、レッドロックキャニオンでのキャンプのプランがあります。

かつて海の底だったというレッドロックキャニオン。

その赤い岩に佇んで、

「都会もいいけど自然もいいね」とつぶやく三浦翔平さん。

キャンプの買い出しを地元のスーパーでする最中、スタッフから、

「家事するんですか」と質問されると、

「しますよ、パスタとか得意です。ペペロンチーノとか、たらことか」

と言いながら、スーパーのパスタ売り場でたくさん種類がある!とはしゃいでいました。

料理が好きになったきっかけは、

「明日ママがいない」で施設の料理番の役をやってからだそう。

プロの料理家の方に教えてもらったんだとか。


夜は、キャンプのために買ってきた食材を調理。

まずは三浦さんの得意料理、ペペロンチーノを作ります。

ラスベガスの大自然のなかで、キャンピングカーで料理。

とってもワイルドで楽しそうです!

気分も開放的になったのか、お肉を焼き、沢山お酒を飲む三浦さん。

「夜キャンプは初めてかも。」

と楽しそうに酔ってダンスを始めます!

よって踊る三浦さんにスタッフが「トシちゃん?」というツッコミも(笑)。

更に歌いたくなったのか、マイケル・ジャクソン?を歌う三浦翔平さん。

本人はこの場面を全然覚えていなかったそうで、とても恥ずかしい、と言っていました!


高校中退して、芸能界へ


高校に入って、バスケ部に入ったけれど、派手な友達とつるむ毎日。

何かが違うと、高校を中退したそうです。

三浦翔平さんが高校を中退した話をテレビでするのは初めてだそう。

その後、夜中出て昼買ってくるような夜遊びする生活を続けていたとか。

そして、このままじゃいけないと思った三浦さん。

悪い仲間と縁を切るために、もう一回高校入ってやり直そうと、高校二年に編入してやり直しをしたんだとか。

その時の学費は、親に出してもらったそう。

そのお金をいち早く返したくて出場したのが、エキストラのバイトをした時に勧められた、ジュノンボーイコンテスト。

ジュノンボーイコンテストの賞金50万円目当てに出場したら、なんとグランプリを受賞してしまったのです。

その後は19歳の時、ドラマ「ごくせん」でデビュー。

シリーズを通して活躍します。

三浦さんいわく

「その時は仕事という意識がなかった」

そうなのですが、

三浦春馬さんのお芝居がすごくて、勝手にもらい泣きをしたり、新人だからと多めに見られた経験がくやしくて、いつしか

佐藤東弥監督に「君、お芝居大丈夫?」なんて言われ、

と言われて「とりあえず死にものぐるいで頑張ります」と答えるにまで至ったそうです。


トレーニングとシュートボクシング


以外にも、

トレーニングをはじめたのもラスベガスに行ってからなんだとか。

「本当に25歳まで何もやってなかったんで。無趣味のメタボでしたね。」

「隠してましたけど、腹は相当きてました!」

という三浦翔平さん!

あの美しいお顔のお腹がでているなんて想像したくないので、トレーニング始めてくださってよかったです^^;僭越ながら。


そして、ラスベガスから帰ってきてからすぐに入会したというシュートボクシング。

今年で初めて3年めになるそう。

ドラマエンジェルハートではシュートボクシングをベースとした高度なアクションを披露。

ちなみに、三浦翔平さんと今田耕司さんのジムは同じだそうで、

「モデルさん達がおなかガッツリ出した格好をしている」

「どこを見ていいかわからない格好をしている」

ジムだそうですよ^^;



三浦翔平さんにとってラスベガスとは


「自分の足りないものを気づかせててくれて、視野を広げ、成長のきっかけをくれる場所」

だそうです!

-エンタメ, テレビ